Q.老眼って?どうすればいいの?

A.老眼は近くと遠くを見る能力(調節力)が年齢と共に落ちてくることを言います。

加齢性変化の代表です。誰もが避けられない事実です。
40代中頃になると『近くが見にくくなる』という現実に直面します。
遠視は早く近くが見にくくなり、近視はやや高齢になって見にくくなります。
老眼は近くと遠くを見る能力(調節力)が年齢と共に落ちてくることを言います。
60歳頃には調節力はほぼ無くなり、眼鏡等の力を借りないと近く・遠くの視力が出せません。高齢化が進むことにより老眼対策は一層深刻化しています

水晶体は黒目(虹彩という)と連動し、焦点(ピント)を合わせることで網膜上に像を映し出します。この水晶体が年齢と共に透明度と柔らかさ(フレキシビリティー)を徐々に失うのです。小学校高学年の調節力は12D(ジオプトリーという屈折度数で、眼鏡の度数にも使われています)あったのに、42・3歳では3Dまで減ってしまい、60歳ではほぼ0D(上記)になります。

視力矯正での一般論ですが、普通にしていて1.0 から1.2 見える人(いわゆる正視)が25cm先の距離の物(近見作業の距離:新聞・パソコン・勉強時)をはっきりと見るために(明視可能状態が定義です)は4Dの調節力が必要です。
40歳前後では調節力が存在するので、明らかな近見時の疲れ・不具合は自覚しません。50歳頃には25cmの近見作業にはおよそ3Dの調節力が不足するため明らかに、近くの物が見えにくくなります。60歳頃には25cmの近見作業は4 以上全ての調節力が必要になるので、不足分の調節力用に近見用レンズ(凸レンズ:中央部が膨らんだレンズ。その分、重量が増えるのです)が必ず必要になるのです。寄る年波には勝てません。
以下の自覚症状があれば眼科医・眼鏡店と相談しましょう
「朝刊が読めるが夕刊が、『ちらついて』読みづらい・本を読む時に以前より少し 距離を離すようになった・読書が好きだが長時間続けられない・パソコン画面に向かっての作業で疲れ目 がひどい」等です。

現代において、長寿化による加齢性変化の対応に迫られ、高齢者も日常生活の近距離作業の(IT 化は その典型)に対応せざるを得ない状況です。
ちなみに遠近両用眼鏡は、近見レンズと遠見レンズとの境界面 が今もって多段階に屈折度数の整備がされてはいないので、思いのほか見づらいことがありす。
しかし避けていても日常生活の質の向上は全く望めませんので、眼科医・眼鏡店と共に色々試行錯誤しながら自分に合った老眼鏡の作成を行うべきです。
初めての老眼鏡は疲れますが、使わなければ以後も不愉快なままです。
先ずはチャレンジです。
ちなみに老眼鏡は40歳代から60歳頃までに数回(最低でも3・4 回)の度数変更は不可欠です。合わない眼鏡の使用はより一層ひどい「肩凝り・腰痛・全身倦怠感」等を招き、「何のための老眼鏡か」分からなくなりますので、是非眼科医と相談してみて下さい。また成人病検査も含め、眼科受診をお勧めします。

監修:藤原医院 院長:藤原憲治