27

免疫能の充実度

最近は新型コロナ・ウィルスの感染後障害の相談に翻弄されています。引き続き「咳が止まらない、喉の痛みが治らない、味覚や臭覚が落ちたまま、全身の気怠さとやる気の無さが続く。」という主訴が多いです。正にインフルエンザ・ウィルス […]
13

受診者側の倫理感

前回新型コロナ・ウィルスの後遺症について初めて記載しましたが、皆さん関心がある様です。当院受診されている患者様方は大半が3回目までの接種を済まされていますが、接種経験がありその後感染した方耳鼻科系の治療の受診は増えて居り […]
23

ウィルス感染の後遺症

新型コロナ・ウィルスの全数把握について国がようやく困難である事を認識しました。保健所と厚生労働省の通信手段が今以て、FAXが中心です。メールでの遣り取りを国が信用していない事は成程で、自筆中心に関する公文書類似書類の扱い […]
09

自由の穿き違え

新型コロナ・ウィルス感染に関する検査依頼が今日も御座いますが、当院は「内科」を標榜いたして居りません。しかも「発熱外来・感染症外来」も行って居りません。内科であっても判断がつかない場合は、更に高度な医療機関の受診をして下 […]
26

「鼻呼吸」の訓練

 今新型コロナ・ウィルスのBA,5が主流になって、急速拡大していますが、国民一人一人が行える自衛手段を怠っている事に端を発しているのではないかと私は考えます。 鼻呼吸の充実を行えていない事です。 マスク生活を開始した頃、 […]
05

脱水による「聴覚障害・眩暈(めまい)・耳鳴症(耳鳴り)」

今年の異常気象も尋常でないまま、梅雨が殆どないまま夏へ突入しました。問い合わせが多いのは、高齢者の「聞こえの不調」です。思いの外多いのは、脱水による「聴覚障害・眩暈(めまい)・耳鳴症(耳鳴り)」を主訴とした来院です。内科 […]

「風邪ひきの痕の頭痛・めまい・耳鳴り」だけと決め付けない

とうとう今年も遅ればせながら梅雨に入りましたが、例年以上に不定愁訴(何となく・・・)の訴えが多く見られます。多くの患者さんが「どの科に行けば良いのか分からない。」と嘆いて居られます。降雨前日からの頭痛・めまい・耳鳴りを自 […]

自粛生活の影響

まだまだ明るみに成って居ないと思いますが、新型コロナの自粛生活の影響が当院でも散見されて居ります。節度の解釈が大きく影を落としているのです。 高齢者を中心に成人病の治療を「受診自粛」といった科学的根拠が無いまま放置してい […]

「低気圧障害」について

本年は春の花粉症が連休明け頃に終息し、比較的アレルギー関係は落ち着いて居ります。一方低気圧障害の患者さんは増えて居ります。  多くは「雨の日の前日、前々日から頭痛が出だして、めまい・耳鳴り、吐き気、他全身検体と不調が生じ […]

我慢や気のせいと、決め付ける事が問題

祝日明け、初診の患者さんが多く、花粉症の方はこれまで市販薬か症状が出たらその時だけ耳鼻科で内服を貰いそのまま、というヒト達でした。この様なヒト達は一度きりの受診で追跡調査や治癒確認などは不可能です。多くはドクター・ショッ […]