23

冬場のドライスキンは年間を通して治療せよ。

 先週の「涙液保全は、体全体の保湿に関わる。」というブログに随分と反応されて居ります。大半は「冬場のドライスキンも梅雨であっても治療すべきなのか。」でした。回答は「年中行うべきです。」です。  皮膚は、災害層の「鎧」です […]

16

最近急増している、「目が痛い・かすむ・充血する・違和感がある」の組み合わせ。

 最近急増している主訴が、「目が痛い・かすむ・充血する・違和感がある」の組み合わせです。しかも多くの患者さんが複数医院を既に受診して、改善していないために来院されています。多くは、「乾燥眼(ドライアイの一部)」の症状です […]

09

疑わしきは、要注意であり、なるべく嫌厭すべき。科学で理解し対策を立て全員で対処せよ。

 前回のブログで大きな反響を頂きました。「眼科通院をしていたが、頭痛と近視と緑内障の関係があるとは、医師から聞いた事が無い。」という問い合わせが目立ちました。  心臓から出てくる大動脈の頸部への動脈、頸動脈の血流を考えま […]

02

この時期、気圧障害による「頭痛」には要注意。

 最近患者様方からの御質問が、「新型コロナ・ウィルス」関連に集中していましたので、この時期から毎年問題になる話題に触れてみます。気圧障害による「頭痛」には、要注意です。強度近視合併者は常々申しておりますが、「緑内障の疑い […]

26

自粛解除 新型コロナ・ウィルス第二波の呼び水になることが懸念されます。

 とうとう近畿圏全ての自粛解除に至りました。しかしこれは何でもかんでも自由という意味ではありません、が徐々に緊張感は弱まり、何れ「新型コロナ・ウィルス第二波」の呼び水になるのではないかと今現在懸念されています。  韓国や […]

19

制限解除、第二波への対応

 先週制限解除が多くの道府県に言い渡されましたが、週末の人出はいきなり増加しています。これでは逆戻りに成り兼ねません。  某国の規制解除の直後の再燃を見れば明らかです。「自分は、自分だけは大丈夫。」という正常性バイアスに […]

12

「おもてなされる国家」に成り下がった日本

 先週予想通り「自粛勧告継続」の政治決着を見ました。これについてあれこれ意見を求められて居ります。現憲法下でも工夫をすれば他に国民の行動制限は可能でしたでしょうが、殆どの国民が自発的自宅待機を行っていても一部とんでもない […]

28

当院も社会状況に合せて診療します。ホームページや電話で御確認下さい。

 いよいよ明日からゴールデン・ウィークです。昨今はこの様な表現は戒められて、「連休」と元の表現に戻しています。不謹慎と考えての事でしょう。どちらかと言うとかつての日本人の気質からであれば、新型コロナ・ウィルス感染収束活動 […]

21

常識の欠如

 昨日も患者様から聞きましたが、「自粛」等何処吹く風といった状態の様です。  自動車の展示場(ディーラー)に土日になると家族連れが大挙して押しかけているというのです。まるでカフェのような振る舞いをされると御家族が嘆いて居 […]

14

覚悟の下に「恥かしくない行動」を貫くべき

 昨今新型コロナ・ウィルスにより自宅待機で困っているという声をTVニュースで目にしますが、大変ですね。私は元々引き籠り人間ですので、繋がるという欲求・承認の欲求が有りませんので、この状況は自宅での活動加速化に持って来いで […]