秋のスギ花粉

 

今年の夏が異常に暑かったので、既に来年の花粉症の心配をされている方々が居られます。

おそらく、今年の比ではないでしょう、一昨年以上の飛散量に成ると予想しています。

 

仰る通り、前年度の夏の気温に翌年のスギ花粉の飛散量は比例します。

多分この気温ですから、とんでもなく飛散量は増えるでしょう。

しかもこの秋もやや気温上昇した日が続くと秋口に「スギ花粉症」

かなり出ると予想します。秋にも「スギ花粉」は飛散するのです。

つまり秋の「桜の狂い咲き」と同じ現象なのです。

 

ブタクサやヨモギの秋の花粉症を治療していたつもりが、

実は「スギ花粉症」であったという患者さんが思いの外多いと言う事です。

診断はやはり採血による「アレルゲン検査」です。殆どの患者さんで

アレルゲン検査で対象となる「アレルゲン」は特定されます。

中には何れのアレルゲンにも反応が無い、いわゆる「ストレス性鼻炎・

アトピー性皮膚炎・喘息」と考えられる患者さんも、秋の気圧変動等で

発症する事も多いです。勿論「黄砂」障害は年々増加して居りますが、

アレルギーと言うよりも「公害」と考えられるのが無難と考えます。

シックハウス症候群と同じく化学物質障害は一応「未知のアレルギー」と

言われていますが、「アレルギー類」と考えてよいのかは、異論も多いです。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL