頭痛薬

エアコンや扇風機の使用頻度が増えだし、日中の冷え過ぎによる「頭痛

訴える方が増え出しています。一昨年の夏は毎日数人来られましたが、

今年はどうなるのでしょうか。


内科受診で「頭痛薬」を受け取る際、大半が消炎鎮痛剤の「ロキソニン」であるようです。

ロキソニンが世に出てから、大抵はロキソニンで改善しますが、

以前ブログで書きましたが「アスピリン喘息(消炎鎮痛剤が原因の喘息)」を

注意すべきです。また頭痛薬は脳の血管を拡張するタイプ拡張しないタイプ

2種類があり、それぞれの頭痛に合う合わないがあります。


問診だけではなかなか処方決定に至りませんが、多くの患者さんは

頭痛改善剤の2種類のどちらかで改善する事が多く、反応が悪い時は

脳外科に紹介した方が良いかもしれません。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL