カゼ喘息

夏風邪の後の咳が続く症例が増えています。いわゆる「カゼ喘息」です。

しかし症例によっては「アレルギー性喘息の重要例」である事も稀ではありません。

 先月、松竹事務所所属の漫才コンビ「TKO」の突っ込み役「木下」さんが、

夏風邪の治療がこじれて入院に至ったと言う報道がありましたが、正にそれです。

当院でも対処しかねる症例が数例発見され、直ぐに小児科病棟に入院して貰いました。

なかなか発見が遅れる事が多く、しかも夜間に咳・発熱・呼吸障害・果ては

意識障害と急激に増悪する為、病院の時間外受診を躊躇っているうちに

救急搬送に転落する症例も有ります。当院では対処不可能です。

小児の場合は、小児科は何時も混雑していますが、その日の夜の恐怖を

体験したくなかったら、積極的に受診し、ひたすら診察を待たれる事が肝要かと存じます。

その際、体温と体重は必ず測定しておいて下さい。また現在のお薬手帳は必ず、ご持参下さい。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL