長引く咳

喘息が続いている患者さんが多いです。

ひとつは風邪喘息もう一つは花粉症合併喘息です

 花粉症合併喘息は先ずアレルギーの一般的治療と呼吸障害の改善を行うと

殆どの患者さんが直ぐに良くなります。しかし冬場に風邪をひいてその後、

気にしなければ本人も容認してしまう程度の「が何か月も続く喘息患者さんは

要注意です。喘息治療を中心に行い、微熱が無いか・感染症は完治したか等の

肺炎合併と完治を目指します。その後風邪が完治してからも咳が一月以上も続く場合、

「風邪喘息以外」の事を疑いましょう。単なる気管支炎であれば有り難いですが、

時に「腫瘍・膠原病・特殊な肺炎等」を疑う必要があります。当然リスクファクターは

喫煙・飲酒」と言った発癌物質や影響因子です。特に喫煙者は

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の可能性が常に付き纏いますので、なるべく

禁煙」をお勧めします。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL