マイコプラズマ肺炎

 

患者さんから、指摘されて判明しました。

「藤原医院のブログは、殆どアレルギー科の事がアップしていて、

もう少し眼科の事も書いて欲しい。」と・・・。

そうです、その通り。どうしても一般眼科では、これといった症例に出会えません。

むしろ様々な内科・皮膚科・耳鼻科を渡り歩いて、当院に来られた患者さんが

アレルギー科には多いので、私としてもトピックスに成るのです。

これからは「眼科」に関してもブログ・アップを心がけます。

 と言いながら、まだまだマイコプラズマ肺炎が終息してはいませんので、

小学生中学年までと高齢者の方は妙な「コンコンコンコン」と連続した乾いた様な咳が

熱のわりに続くは直ぐに、当院に来られるよりも「内科」に掛って下さい。

放置していると急に等熱に成り、特に小学生までや高齢者では「脱水になり、

受診したくても動けなくなります。重症化するのは、こういうメカニズムも考えられます。

と御報告し、本日の文面と致します。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL