予防接種の今後

昨日迄日本救急医学会総会に出て居りましたので、本日戻って来ました。今年も救急医学会も新型コロナ・ウィルス対策関係が色濃く出て居りました。東京医科歯科大学が主催校でしたので、都内でも頑張ってこられた業績は天晴であり、その最中での学会開催は想像を絶する苦難であったと思います。衆議院選挙終了後、ある程非難されていた自民党の感染症対策に関してまだまだ批判的な意見は御座いますが、結果的に医師のマンパワーに頼らざるを得ない現実には比較出来ない現状の確認にしか納まりようが無い事が一層判明しています。
更に本年はインフルエンザ・ウィルス予防接種の不足が顕著化して居りますが、多くのヒト達が「自分は掛からない。」とか「少し待っていれば、例年通りインフルエンザのワクチンくらい打てるはずだ。」等と考えていると思います。新型コロナ・ウィルス予防接種は、感染症分類で重度扱いなので全国民接種に対し「国費により無償。」ですが、インフルエンザ・ウィルスの予防接種は感染症分類で軽度扱いであり自由意志によるもので、「個々人の自費負担、有償。」である事を今に成っても認識が無いのです。自費診療ですから、無いものは無いのです。誰かに頼る事が常態化して居り、自己防衛策展開が夢物語としか認識されていないこの国では、対応が不十分です。保険診療でもよく出くわす考えで、男性に多いのは、「医者に行ったらどうせ嫌な事を言われて、治療しないといけなくなるから、病院に行かない。」という発言です。後日大変な医療費が投入され、予防策を展開しなかったための国費圧迫を国民自ら加担する事を、「自分一人くらい、分からないだろう。」と高を括っている事が問題です。同調圧力が厳しくなっても「自分くらい許されるでしょう。」という慣れ合い精神が保険制度を食い荒らしているのです。
保険制度が不十分な国家が非常事態として、ワクチン接種無償化を行っているなか、今後新型コロナ・ウィルス感染が保険適応に成れば、一層自己責任と有償治療に成る事を熟知すべきです。ここ2年位は何とか今のままでしょうが、その後は保証の限りでは無いでしょう。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL