「予防接種の効果」を前提としたお話

選挙も終わり、今後も自民党の政権下新型コロナ対策も継続傾向になると言えます。政治が医療にも直接影響するとは思いますが、新型コロナ・ウィルス感染と従来のインフルエンザ・ウィルス感染が同時に起これば極めて重篤化すると言われています。
同じRNAタイプのウィルスではありますが、形成される遺伝子構造が違いますから同時感染してもウィルス同士の合体や合一は生じません。むしろそれぞれのウィルスが独自の感染を相手の都合を無視して展開しますから、悪化する事は必定であり、かつ相乗効果とは判明しませんが、免疫の力が一層阻害されると予想されて居ります。昨年も一部ブログで申して居りましたが、前回述べました昨年インフルエンザ予防接種をしていなかった方が重症化するという事と同じです。昨年インフルエンザ予防対策を講じて居なかつた為にインフルエンザ・ウィルスへの抗体がほぼゼロの状態でしょうから、感染すると直撃感染です。しかも新型コロナ・ウィルスの2回予防接種後のブレイクスルー感染者はかなり重篤な感染状態です。ダブル感染は避けたいです。今からでもインフルエンザ予防接種を為さるのが賢明かと思われます。新型コロナ・ウィルスの更なる変異は不可避ですから、第3回の接種止むを得ないでしょう。
ここで再度検証しないといけない事があります。あくまで「予防接種の効果」を前提とした話でしかありません。「治療法」はインフルエンザ・ウィルスにのみありますが、同時発症ではインフルエンザの治療をしてインフルエンザ・ウィルスが治癒しても新型コロナ。ウィルス感染に拡大余地を与えてしまい、インフルエンザ・ウィルス治療中に新型コロナ・ウィルス感染の突破口を御丁寧に開けてやった事になるのです。諸事情で予防接種不可能な気の毒な方々は居られますが、つまらない非科学的な非常識な風評を信じて予防接種を見送るヒト達は、本当に社会迷惑になるという事を重々理解されて、その個々人の主義主張とされるべきではないでしょうか。しかしながら70%を超える新型コロナ・ウィルス接種率の短期間樹立は立派なものだと思います。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL