口呼吸は体に百害あって一利無し。

口腔内のケアがコロナ禍を理由に、半年近く・以上放置されていた方のトラブルが続出しています。特に胃腸障害と呼吸障害に顕著です。  常々、「口呼吸は体に百害あって一利無し。」とどの患者様にも申し上げて居ります。「鼻が悪い方は、耳が悪い・鼻が悪く喘息気味の方は、扁桃炎や気管支炎が悪化する・口が乾く方は、鼻が詰まっている・歯が悪い方は、鼻が悪いし胃の具合も悪い等」を問診で判明して居り、それぞれ関連している旨、解説してきました。口呼吸が大問題です。鼻呼吸がスムーズに出来る事つまり、副鼻腔から扁桃腺・声帯・気管支・肺への気道を通しての本来の呼吸状態を経る事が、基本です。口呼吸は、鼻が詰まっている事で副鼻腔が使えない事で生じます。喘息の治療も副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎・扁桃炎の治療も鼻呼吸に如何にして安定させる事が出来るか、です。その為「鼻で息を思いきり出来る限り急激に吸い込んで、口で思い切り素早く吐き出しきるか。」を御指導しています。これこそが、「呼吸状態検査」そのものです。  歯科の治療を先延ばしにしていて、口呼吸が悪化し、扁桃腺炎や口内炎や副鼻腔炎を生じ、悪化してから受診されている患者さんは口臭が酷いです。歯周病や齲歯(虫歯)が悪化し、入れ歯の金属部分が合わないために舌や歯周に刺激をして炎症を悪化させています。口呼吸で唾液が蒸発し、口腔内の雑菌がより一層増加し、耳鼻科系の障害も併発しています。当然その雑菌が食道を通過し胃に運ばれます。胃酸は塩酸ですからとんでもない酸ですが、歯周病菌等はその状況でも生き延びて胃腸症状を悪化させることは有名です。同じく、菌で汚れた粘り気の強い唾液を誤嚥して肺炎になる事も多いでしょう。唾液でさえも菌が大量に居りますが、比較にならない酷い状態の唾液が肺に間違って飲み込まれて流入するのですから、単純な肺炎では済みません。口をポカンと開いている人は、咬筋が緩んでおり、口が閉じられないのですから、飲み込む力(嚥下力)も落ちているに相違ありません。鼻呼吸に戻すことで、唾液量の確保と改善に努めるべきです。  関連が理解できないと言われても、困ります。政治機能の継承を行う為の進歩は、自分たちで確保すべきだと考えます。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL