「問診」と他愛ない「会話」

とうとう今年も残り一月、早いものです。

しかし寒冷アレルギーは今年に限っては酷くなる一方です。

 秋の大型台風2つの居座りに端を発し、「気圧変動アレルギー」は

継続・短発ともに患者さんは後を絶ちません。

症状は「ストレス・ケア」を問診の中で積み重ねる事で改善しますが、

完治は難しいです

しかし意外な事に「腰痛が改善してきた。」という患者さんが

多々居らっしゃるのには初めて気付きました。

 

 「免疫・疲労」は私のライフ・ワークですが、

「問診」と他愛ない「会話」がまさか「腰痛」に効果ありとは思いませんでした。

約半数の患者さんに改善傾向が見られるようです。

特にアトピー性皮膚炎合併の後期高齢者の患者さんにおいては、顕著でした。

改善の程度は様々ですが、「これまでは、腰痛が酷くて、診察に来るのが億劫で、

出来たらアレルギー性結膜炎の目薬と緑内障・白内障の点眼を

無診察で大量に欲しかったが、腰痛がましになったので、

最近は買い物ついでに受診するようになり、特に診察に来るのが楽に感じる。」と

仰るアレルギー体質の後期高齢者の患者さんが増え、

「これまでと特に変わらないんだが」といぶかしげな私を尻目にハツラツと腰痛を

感じさせずに徒歩で来られる状況を見ると「これでいいのだ」と思う毎日です。

私は整形外科が苦手なので、腰痛に関する十分な知識がありません。

よってこの現象は一度きちんと統計を取るべきですが、

整形外科的にどういう判定をすべきか、全く考えていなかったので困っています。

 

 寒くなるのに「また来月か再来月診察に来るから、

あんまり沢山目薬は必要ないですよ。」と後期高齢者から

要望を受けるのは、有難いことだと思います。

ちなみに私は酷い腰椎持ちでしたが、近くの「カイロプラクティック・ラボ」の

森下さんにカイロプラクティックを定期的に施術して貰ってから、

殆ど「腰痛」が消失しています。

何にせよ「腰痛・アレルギー」がトータルで改善するのは良い事です。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL