治療の経緯

インフルエンザの終息を未だみない状況で、今年も春の花粉症が発症して来ました。1月中旬から例年早くに来院される方々は既に受診されていますが、2月末頃に受診されていた患者様方が現在来院されています。

 「くしゃみ・鼻水・鼻詰り」といった主症状に加えて、最近は「喉の違和感や痛み、呼吸障害特に咳が止まらない・酷い、アトピー性皮膚炎が酷くなった」という症状が合併する症例が増えて居ます。元々は「アレルギー科的症状」ですが、患者さん本人からは、そこまでは考えが及ばないという言い分が殆どです。また「風邪を引いた様だが、内科受診しても改善しない。」という依頼で、前述の新たな症状合併例が殆どです。今後アレルギー性鼻炎を放置したままですと、副鼻腔炎(蓄膿)へ発展する事も多く、早々の対処をすべき症例が大量に居られます。眼症状は当然当院の主体科目ですから、御任せ下さい。問題は鼻症状よりも、「呼吸系障害」の状況です。発熱があっても放置されていた症例は、気管支炎から肺炎併発に至っている事も多く、今年はインフルエンザの発見遅延と治療不全と共に春花粉症からの障害を合併しそうな予感があります。昨年同時期にインフルエンザA型とB型の様々な発症発見と共に春の花粉症の治療の遅延し副鼻腔炎と肺炎・気管支炎の症状を合併したヒト達が、大勢来院されました。こういう場合、ウイルス疾患であるインフルエンザ治療を優先し、その後細菌感染による気管支炎・肺炎と副鼻腔炎の合併を治療しつつようやくアレルギー疾患全般の治療に至るしかありません。この際、一部のヒトは「何で、一辺に治療出来んのや。」と喚かれる事がありました。インフルエンザでの消炎剤の治療の要注意事項が理解出来ないのです。こういうヒト達は、「症状の改善=治癒」と自己判断するので、きちんと治癒した姿を見た事がありません。数年後同じ症状を来し、来院するヒト達が居られますが、当時の対応が好ましくない場合、「治癒状況が確認できていないので、当院としては大変不安である。患者が信頼に欠ける人物と判断し、診察はお断わりしたい。」と拒否する事も稀にあります。

 実際同じ様なヒトが今も混じり込む事があります。たまたま患者様のキャンセルが出た際、時間枠が開く事があり、その際飛び込みのヒトを受け入れる事はあります。先月末に仕方なく受診を受け付けたヒトが居りましたが、問診が終わろうとした時に、「直ぐに診てもらえると思って来たのに、こんなに時間が掛るんやったら要らんわ。」といきなり中止を言い出したのです。その高齢女性には、先に私自ら、「たまたま予約のキャンセルが出たので受付をしますが、診察終了の時間の保証は出来かねますので、急いでいるなら他へ行って下さい。」と断って居り、本人が「分かりました。御願します。」と同意を得ての受診受け入れでした。当人に、「どういう事だ。問診をわざわざして、こっちは損失を受けている。あんたに最初に時間制限は受け付けないと同意を求めて、了承したから診察受付をしただろう。」と申しますと、その高齢者は「たまたま‘暇そうだったから’入っただけ。さっさと帰りたいだけ。」といったので、職員全員の逆鱗に触れたのです。散々全員に非難されていました。しかも「複数回、物貰いが弾けて上瞼から膿と血が出ている。今も小さくならない。」という主訴で来院して来たのです。初症状発症から数週間放置の状態です。年齢から、宜しくない組織も考えての事ですから、問診も時間を掛けます。散々に言われて、睨みつけて入口をでましたが、その後も睨んでいました。自分の仕出かした事の成否を判断できない、高齢の輩が混じりますので、困ったものです。こういうヒトがネットで当院の誹謗中傷をして、自分がさも「我こそが正義の味方、世の賢者なり。」的な発想で文章を書くのです。年齢的にこういったネット小市民は「50から60代」に集中している事が統計で言われています。依頼主や上司には媚び諂い、部下や店員などには横柄。この様な高齢者手前の小市民は、気の毒です。匿名性はネットでは担保されない事までは、理解出来て居ないのでしょう。全て身を曝される事を納得の上で行わないと、「そんなつもりじゃなかったんです。」と後々謝罪させられる羽目に合うとは想像出来ないのでしょう。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL