花粉症。。。

とうとうスギ花粉症の季節、爆発です。先々週から徐々に常連の患者様方が診察に来られていましたが、新規の患者様方が最近電話予約を依頼されて来られています。

 残念ながら、「既に酷いくしゃみ・鼻水・鼻詰り・目の痒み等を放置していた。」方々が、「直ぐ止めてくれ。」といった依頼をされる事が相変わらず多いですが、時既に遅し、です。当院の常連様は、今年も2週間程度の予備期間を設けて予防治療を実践されて居られますが、それでも昨年よりも症状が厳しいので‘症状の追加改善を希望’されて来院されて居られるのが、現状です。つまりスギ花粉症の基本治療は既に行われており、通常の季節ではこの治療で十分対策が完了していたが、今年はその予想を上回ったので、追加処置を希望されて来院される患者様方も多々居られる、という事です。全くの「手付かず」状態では、治療開始当日に「全ての症状を黙らせてくれ」という依頼は、単なる「自分勝手」であり、「非科学的希望」です。何時もながらこの様な輩は、問診に於いてもその輩ぶり=「自分勝手(自己中心主義者)」ぶりを存分に見せつける傾向にあります。窓口や医師にあれこれ喋りますが、いざ「問診表に御自身が今話して居られる、症状の状況を詳細に、何時からどういった症状が、どうゆう経過で、どんな風になっているのかを、御自身で記載して下さい。」と通常通りの台詞を職員に言わせましても、全く何も「記載しません」です。しかも以前おかしな症例の事をブログに記載しましたが、「問診は診療の重要な情報源でしょ。なるべく詳しく丁寧に記載する事が患者の義務でしょ。」と私が窘めましたら、輩さんが「そんな事、誰が決めたんや。今まで聞いた事が無い。それやったら最初に、‘細かく丁寧に書け’と言うとけ。」と喚かれる事が多々ありました。最初に「問診表」を手渡す際に、上記の説明を必ず行って居ります。可哀そうなヒトタチです。他人の事を聞いて居ないのです。しかも社会常識が無いのです。最近も、介護職や看護士、医療技術者と名乗るヒト達の、この様な発言が多い事に悩まされます。特に「介護者」の質の低さには閉口します。被介護者の方々の事を考えますと、この様な愚かな言葉を吐く「介護職員」に介護を委ねざるを得ないのですから、たいそう御気の毒です。基礎学力・常識の欠如までは、資格試験ではなかなか判別出来ないのも問題でしょうが、今後更に介護現場の悲惨さが増すと予想されます。

 花粉症一つ取っても様々な問題が垣間見れます。本当にこの国はどの様になって行くのでしょうか。少なくとも個々人の良識と常識を信じたいと思います。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL