予防が大切・事前検査や診療が大事

 インフルエンザとスギ花粉症の大混乱を余所に、当院の診察は理路整然と行われて居ります。毎年の常連さん方に於かれましては、遅滞なく予防治療が行き渡り、殆どの患者さんは継続治療の更新のみで思いの外、軽症で居られます。

 この様に煩く煩く「予防が大切・事前検査や診療が大事」と言い続けて居りますが、その効果が今年てきめんです。常連の患者さんと初診の患者さんとの症状の違いや治療効果の違いがあまりにも明白なので、当院としましては大変誇らしく思います。明らかなのは薬剤費です。場合によりますが新患さんの半額以下に収まる常連さんが続出です。その中に昨年「スギ花粉舌下免疫療法」を希望されて居られた5名様も含まれております。その希望者全員が「5年近く毎月通院し、しかも完治するとは限らないわけで、それならば藤原が言う通り予防治療と継続診療を適宜スギ花粉の季節だけで済むのであれば如何にも簡便でかつ安上がりだ。」と判断されました。重症例が居られない事も一因ですが、花粉症が始まると治療は着手できない事も大きな問題です。残念ながらヒトは一難去ると直ぐには予防対策を取らずに暫く放置してしまい、気が付く頃にはまた災難が目の前、という状態です。そのためスギ花粉舌下免疫療法はなかなか日本には定着し難いのかなと感じます。しかし重症例にとっては朗報です。これまでの様に生活自体が激しく脅かされる事は軽減される事は大きく望めるからです。「夜間の鼻詰りによる呼吸障害、それに伴う睡眠障害と日中の集中力欠如」、これが半減するとしたらやはりスギ花粉舌下免疫療法は行う価値はあります。その上で一般的な花粉症治療と対策を行う事が正解でしょう。今年初めて来院されている患者さんやこれまでも通院歴が在るものの行き当たりばったりの患者さんにはこの提案は当院では致さないと考えます。やはり当院との関係性と信頼の確保が無ければ、御提案自体厳しい物と御理解下さい。

 最近新患さんの中で、「さっきの患者(常連患者さん)と俺では説明内容や扱いが違うやないか。どういう事や。」と受付越しに毒つかれた事がありました。私が出向いて説明しようとした直後、同じく高齢の常連患者さんから、「お兄さんや、ここは常連中心の飲み屋みたいな所や。分からんか。」と窘められていました。当院は常連患者さん方に助けられて成長して居ります。大変有難くも嬉しい、しかしこそばゆい経験でした。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL