新年明けましておめでとうございます。

 新年明けましておめでとう御座います。本年も宜しくお願い致します。昨日から開院して居りますが、休み中の風邪や眼鏡破損、視野障害・難聴・めまい・耳鳴りと鼻症状・喉症状の患者さんが予約以外に溢れました。

 本年もいきなり「どうしていきなり当院に受診するの」と問いたくなる症例が来られます。「喉症状と発熱」「鼻症状と発熱」がその典型で、「内科標榜していないので、発熱外来はしていない。にも拘らず先ず内科受診をして貰いたい。その後インフルエンザ等の感染が否定されてから受診して貰いたい」と再三再四ブログで記載し、診察室で直接個人指導し、窓口や受付電話で説明しても後を絶ちません。当院は「発熱外来はして居りません」です。しかし「内科・小児科・耳鼻科にて風邪として加療していてもなかなか治らない」場合は、相談の上診察を御請けいたします。意外と「風邪で無い」症例が殆どで、実際治療法を変える事で完治したり、当院では対処不能と判断し呼吸器内科や血液内科・感染症外来へ御紹介している症例も多いです。特に喘息の複雑症例では詳細を調べるべく国公立の総合病院の総合診療科へ御紹介する事もあります。この様な場合、私と面識のある先生方にたいしては当然、面識が無い先生方に対しても適材適所御紹介して居ります。漫然と加療していてもその根拠・論拠が無い場合、視点を変えるべく専門医に紹介の上、御高診頂き御加療頂く事が望ましいと思います。

 医師はそれぞれ専門分野を持ち医学医療活動を行って居ます。しかし「足るを知る」と言う事を切に感じるべき時もあるはずで、他の医師にセカンド・オピニオンを御願する、御紹介するといった選択肢も大事にすべきと考えます。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL