NK活性

 本年は「インフルエンザ」が思いの外早期に発症しており、RSウイルスノロウイルスが同時に発症しつつあり、大変です。

 例年冬は上記3種のウイルスで日本中が脅かされますが、本年も高齢者と乳幼児にとって厳しい季節になりそうです。インフルエンザは予防接種が有効ですが、なかなか手洗い・うがいを慣例化しても十分な回避にはなり難いです。何れも体内免疫の強化、むしろ正常化を図る事が大切です。特にガン細胞含め、自己以外の細胞・物質を非自己と判断し、積極的に飲み込んで(貪食という)無毒化する極一般的免疫細胞=NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)を増加させる事がウイルス感染・細菌感染・ガン発症に有効と考えられています。TVでも頻回に特集されていますが、NK細胞を増やし、その活動を活発化させる(NK活性)為に意識的に行うべき事を列記します。

・よく笑う、くよくよしない(まるで‘ひょっこりひょうたん島’の主題歌です)

・良い睡眠をとる(深い睡眠を適切にとる)

・ストレスを貯めない、可能な限り直ぐに解消する。

・適度な運動をある程度の時間行う(スポ根はむしろ無意味)

 といった節度ある自律神経系のバランスが取れた状態を維持する日常生活が、好ましいと言う事です。

 かく言う私も常にイライラしており、睡眠障害とストレスに苛まれており、NK活性は良好であった事は皆無であり、自律神経系は交感神経が常に以上優位です。ですから成人病とアレルギー疾患に翻弄されているのです。患者さんは私を見て「藤原の様な感じは良くないんだ」と実感され、「こいつの様にならない様に努めると健康に近付けるのだ」と考えて下さい。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL