メディアに踊らせられない様に!

最近週2から4件程度、「スギ花粉症の舌下免疫療法」に関する問い合わせがあります。今は未だ受診者は居りませんが、患者さんとその家族の関心は高い様です。

 TVや雑誌等のメディアが必要以上に騒ぎたてましたので、「スギ花粉症治療の切り札」の様に考えている方が多いのには困っています。確かに低濃度のアレルゲンを舌の裏側の静脈から吸収させて、対スギ花粉症を時間を掛けて「スギアレルギーに対する体質の改変」を行う事が目的です。そのため「適応不適応」について先ず治療前に判別し、適応者に施しますが、公表によると約数年間(最低3年、5年近くは継続する必要がある)毎月受診し経過観察を行い処方継続を行い、その上一定の治療効果が得られる、という解説を行う事が望まれています。という事は「必ずしも全員スギ花粉症が治るとは限らない」という事です。そのため忍耐を要する治療法です。つまりはアレルギー治療全般に言える事を「スギ花粉症の舌下免疫療法」に於いても要すると言えます。

 昨今「体質改善」健康法の数々が紹介されていますが、十分な科学的検証は果たして成されているのでしょうか。「スギ花粉症の舌下免疫療法」は保険適応ですので、はっきりと科学的検証が成されての認可ですから、問題は在りません。しかしヒトの個としての様々なメカニズムがヒトが考え付いた論法でおいそれと遣って退ける事は難しいのではないかと、この私は思うのです。未来を切り開きたい方々の要望を満たそうと思います。しかしメディアに踊らせられない様にしましょう。御希望の方々は一度御連絡下さい。通常診療時間では解説は無理ですので、昼休みの時間等を割きますので、御面談致しましょう。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL