スギ花粉症舌下免疫療法

9月下旬から「スギ花粉症舌下免疫療法をしてますか」という問合わせが時々あります。鳥居薬品のホームページに取り扱い医院として扱われているからでしょう。

 殆どの問い合わせは、私のブログを読んで居られないので、「何時行ってもしてくれますか。一年ぐらいでスギ花粉は消えるんでしょう。」とか「スギ花粉以外の花粉も無くなるのですか。今直ぐしたい。」等とまるで夢の新薬登場的な発言があり、その対応を私が直接診察中に行いますので、大変「気落ち」します。前回のアレルゲン検査の内容と同じで、「何でも分かる、それも自分だけは助かる」という大変自己中心的な発言と偏った認識にガッカリせざるを得ません。診察中はいちいち個別指導等していられません、そもそも当院は現在「予約中心医院」に成っており、時間的余裕はほぼ在りません。予定としては「昼休みを利用して個人解説を行う予定です」と詳細解説を希望される問合わせに返答して居ります。実際時間を掛けて間違った理解を治療以前に行わないと治療を開始する事は大変危険です、アナフィラキシ―・ショックを起こし得るからです。

 そもそも3年から5年きちんと月1回の診察受診を継続する事ができるか、それでも確実に改善できるかは保証しかねるという事を覚悟してから、診察検査を行い個人面談と個人解説を時間を掛けて、複数回検討してから着手する事が当然の対処と理解して下さい。個々人で対処が違いますので、一般論のみ述べました。多大な期待を持つヒトは、その期待分の答えが得られない事がありますので、揉め事の元になり兼ねませんので‘御勧めしません’。安直な気持ちは捨てて下さい、強固な覚悟と現実を受け止める‘覚悟を御持ちの大人(物事がわかるヒトとでも申しましょうか)にのみ御勧めします’。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL