眼は大切と思うのであれば・・・

前回のブログを受けて高齢者からの御意見がありました。「おしゃれ感覚で髪を染めたりマニュキュア(最近はネールアートと言いますが)をしたりするが、どうして目の色を変えるのか理解に苦しむ。」という発言を多頂きました。以下当院の女性陣の意見を交えての私なりの回答を致しました。

 残念ながら、大昔から規制の概念を覆す事でいわゆる「アート活動」はあると言えます。カブキモノという言葉は戦国・安土の頃からあり、当然現在では「歌舞伎」に定着しています。個人の好みを色々と工夫し表現する事自体、問題はではなく、本人達の責任に於いての自由の裁量にあります。この点、個人の裁量に於いても、他人に如何に被害が及ばないかが問題です。カラーソフトコンタクトレンズの障害についても本来個人が楽しむ範囲であれば行政や法の関与はありませんが、コンタクトレンズ事態が高度医療用具(視力矯正用具として、角膜上に浮遊させるという事実が、血液透析よりも高位に分類されている理由です)に指定されており、「眼科医」が診察診療の上「コンタクトレンズ処方箋を発行」する事で「コンタクトレンズ販売所」で「コンタクトレンズの購入」が可能になります。このため診察受診の上「問題が無い」事を診察医が確認した上で、処方箋が発行されますので、データ販売やネット通販は如何な物かと論議されて来たのが、従来の保険法関係と商法上の判断の問題でした。最近は医師が処方箋を発行したものの、その処方箋に沿った物品を正しく使用しているのにも拘らずトラブルに見舞われる事が散見される事が問題になって居ります。当然ですが、眼科医院ではトライアル・レンズ(医院で保有する検査用のレンズ、使い捨てレンズであれば商品その物)で正常に機能しているかを診察し医師が安全を保証しての処方箋発行であるにも拘らず、処方後そのコンタクトレンズで障害が生じているので、深刻度が違って来ています。それがカラー・ソフト・コンタクトレンズに多発して居り厚生労働省も腰を上げているという事であれば、大問題です。

 当院では一部評価が宜しく無いカラー・ソフト・コンタクトレンズの使用制限を患者さんに宣言しています。ある程度の被害が纏まれば厚生労働省に資料提出する予定です。ただ実際、どの会社のどの製品が問題化は、トライアル・レンズ事態を保有して居りませんので、決定し難いとは推察します。できれば時々遊びに使う程度に留め、日常の使い回り品としてはカラー・ソフト・レンズの使用は回避する事が、賢明であるという従来の立場をより鮮明化して行く予定です。眼は大切と思うのであれば、通常の材質のコンタクトレンズを選択する事が肝要です。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL