事前予約殺到!!

 世間は恐ろしいです。先日の文章に対する反応が大きく、事前予約が殺到しました。「先生の仰る事は良く分かりますので、指示通りしますから診て下さい」という内容の予約診療依頼が増え、来週末も大変な事に成りました。またウィークデーの予約も増加し「土日と週末の金曜日の予約が難しいようならば、あいている所を指定して下さい」という予約依頼です。実際眼鏡合わせの小児の場合、十分時間を掛けて検査する必要があるので、検査員1人をほぼ1時間付ける予定で予約診察を組み立てていますので、ウィークデーの依頼は有難いです。

 実際その様な流れがありますが、コンタクトレンズ処方の依頼は根本的には新患はお断りしています。そもそも全くの未経験者の診察は、コンタクトレンズの着け外しの練習(装脱練習)を医師の管理下で確定しないと処方箋の発行自体不可ですから、検査員1人を永遠割かないといけませんし、視力検査台が殆ど占拠されるので、他の患者さんの診察に多大な影響が出ます。そのためホームページでも記載の通り「根本的にはコンタクトレンズ処方は否定的」です。逆にコンタクトレンズ使用者のトラブルについては年々増加して居り、コンタクトレンズの装用を諦めて眼鏡装用に変更される患者さんが急増しています。しかしコンタクトレンズ装用者の角膜障害等の合併例では当日眼鏡処方をする事はほぼありません。当日の検査データは後日治療が進むと大きく変化する事が殆どだからです。この様に眼科の診察は患者さんの考えとは大きくかけ離れた「問題解決と厳しい現状」があるのです。

 大変高飛車な発言とは思い、どうした物かとブログを見た方からの反応待ちと思って居りましたが、好ましい反響が随分多かった事には励まされました。

 最後に、8月11日(月)から15日(金)まで夏期休暇を頂きます。16日(土)からは通常通りの営業時間です。宜しく御了解賜ります様お願致します。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL