アレルギー一色!

今週はアレルギー一色でした。来週も同じ状況の様です。一部受験が終了した学生さんの

視力矯正が増え出しており、眼鏡処方も多くなってきています。

 まさに2月3月の例年の風景です。しかしそこへ他院で治らない小児のインフルエンザが

受診して来られる症例が目立ちます。

多くは風邪やインフルエンザが治癒してからの「長引く咳」での受診が多いです。

治療はシンプルですが、何故か抗生剤を多用されて居る事が不思議です。

治療はほぼ2~3週で緩やかに治癒します。

 

 小児の患者さんにつきましては、受診時に「おくすり手帳」や「薬剤情報」を是非とも

ご持参下さい。

稀に一般的に頻用される薬剤のアレルギーを発症されているケースも見かけます。

確認の為というのは勿論、ご自身のお子さんが大切である場合、お子さんの受診歴については

最大の情報元である事をご認識し、ご両親の一番の愛情である事をご認識下さい。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL