眼鏡処方箋

 

 前回までの2回で、コンタクトレンズ処方箋発行の問題等を述べてきました。

同じく以前度々記載してきました「メガネ処方箋発行」の問題についてのお問合せが

増えて居りますので、再度申し上げます。

 

 現在日本国に於いて様式が完全統一されている「処方箋」は、「薬剤」のみです。

「メガネ」の視力矯正用具の処方箋の様式は統一されていませんので、各医院・

各眼鏡販売店に一任されているだけです。また眼科医院での処方箋は「メガネ作成上の

諸データの記載と共に、処方箋有効期間の記載」も行われ、患者さんに「眼鏡処方箋」として

手渡され、その写しを眼科医院が管理しています。

一方眼鏡店での処方箋は彼らが自ら発行し保管管理するものであり、購入希望者(御客)に

手渡す事はありません。また眼鏡店には検眼士が視力矯正用具の管理・処方箋発行・

修繕等を請け負って居りますが、顧客の「目に関する治療」には関与出来ません。

そのため、視力矯正の不備等を訴えて眼科受診された患者(顧客では無い)さんへの、

「眼鏡処方箋」発行は医療行為として必然性があり患者さんにとっても必要です。

その「眼鏡処方箋」を眼鏡店へ提出すれば、眼鏡店側は保障内容に即している場合は、

処方箋発行をした眼科医の指示に従い「眼鏡の再度作成」の依頼に則する事になります。

 

 しかし各眼鏡店の「保障内容」により制限限度がありますから、必ず眼鏡の再作成が可能か

どうかは、患者さんであり顧客である皆さんが予め御確認して頂くしか在りませんので、

医師は関与出来ません。患者さんの中には、「メガネ屋は医者の言う事に従う義務が

あるはずだ。いい加減なメガネを作ってどうするんだ。」と息巻かれる事がありますが、

そもそも自ら眼鏡店に出向いてメガネを作成したはずであり、また検眼士・或いは

眼鏡作成担当者が視力矯正の最後に「この度数やフレームで宜しいですね」と念を押された上で

顧客本人が了解をしたからメガネを作成した筈です。であれば最初から眼科医院で

「眼鏡処方箋」を作成してから、眼鏡店へ行けば揉め事が生じる確率は少なかったと

考えられます。実際眼科医院での眼鏡処方でトラブルに見舞われた患者さんも多々

居られますし、多くの検眼士は誠実に努力し眼鏡処方を行っている事が大前提です。以外と

眼鏡処方は難しいのです。

 

 皆さんに申し上げたいのは、「眼鏡処方後、眼科に処方眼鏡が適切なのかどうか」を

検査して貰う事をお勧めします。多くの患者さん・顧客さんは「(眼科医であろうが、検眼士で

あろうが)プロに作って貰った眼鏡だから大丈夫」と根拠のない自信をお持ちである事が

私には大変不思議です。

以前から申しておりましたが、当院での処方箋のデータとは全く違う眼鏡作成を平然と行い、

再度処方箋を作成し患者さんに「再作依頼をして貰いましょう」と送り出しましたら、

その眼鏡店の店長までが「きちんと処方箋通り作成している。言い掛かりだ。」と居直った

眼鏡チェーン店がありましたが、患者さんが保健所に連絡し悪事発覚、早々に全費用補償と

謝罪、再作を完了し、かつ私と当医院への名誉棄損への謝罪と店長の左遷を報告して来た

ケースがありました。他にも度々同じ様なケースが見られます。

年末の商戦に躍起になっておりますので、皆さん自己責任を自覚した上で、眼科での

処方箋発行をもとにするか、眼鏡店で直接眼鏡作成をなさるかを決定して下さい。

 

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL