単純な予防から!

 先々週からの金土日の「溶連菌性扁桃炎・咽頭炎」と「遅れて来た花粉症」との

合併・孤発症例で院内は混乱しています。

 そろそろ安定するかと思われた「溶連菌感染」は悪化しており、インフルエンザ予防接種を

遅らせないといけない状況になっています。

学童から高校生までまんべんなく発症していますが、高齢者や会社員も混じり見境が

つきません。しかも家族全員で発症するケースが急増しており、初発の患者が内科・小児科で

処方された内服で一時終息に向かったものの数日後高熱に見舞われたまたま

当院受診した症例とたまたま当日の朝やその前の晩に不調を来した家族が一緒に受診して

発覚するケースが目立ちます。

当然その後全家族に感染し、場合によっては近隣の親類にも発症している状態です。

意外と高熱を発していないケースも多く、半数が単なる風邪で治療されて居る事が多いです。

 

 とにかく清潔が肝心です。「うがい・手洗い・腹巻き(寝冷えよけ)」を大切にして下さい。

やはり頸部を温めて、なるべく鼻呼吸をされると「扁桃腺障害」を回避できますから。

単純な予防から行って下さい。それと直ぐに受診でしょう。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL