ドクターショッピング

前回の内容に類しますが、「ドクターショッピング」を重ねる患者にも辟易です。

ドクターショッピング、つまり受診し、きちんと再診する事無く他の医師に受診し、

また他の医師に受診する、という患者の行為を指します。理由は様々ですが、

かつては「一度受診して処方された薬が効かないので、例え担当医が再診を促して居ても、

自分の判断医師で受診せず、他の医師を受診する。」というケースが多かったのですが、

最近は「他の医師の治療法を体験したい。以前受診した医師の処方内容を伏せて、

または受診した事実を伏せて、初めて通院受診した様に振る舞う事で、その担当医師の技量を

観察したい。その上で医師を品定めしたい。」という患者さんが増えています。

 

 上記の様な患者さんは、納得するまで解説を聞きたいと仰いますが、残念ながら途中で

大抵複数医療施設を受診していた事が分かられます。理由は医師では無いので、

多少耳にした言葉を不注意にも会話の中に使ってしまう事でバレてしまいます。その後は

医師は色々な会話の矛盾点や経過の矛盾点をしっかりと追及します。理由は「適切な検査・

加療を行う上で、医学的に矛盾した状況を解き明かす必要がある」からです。どこかで矛盾し、

物語の流れの破綻が生じ、つまりは事実を申告しないといけなくなるのです。何人かから

「よくお分かりになりましたね。」とか「これまでの医者は全く気付かなかった。」とか言いますが、

全く失礼な話です。威力業務妨害になる得る話であり、共通して「自分は他人より頭が良い」と

思っている事がこれまた問題であると考えます。ちなみに医師は医療に於いてプロですが、

人としては必ずしも聖人たり得ません。意外なほど人並みと言えない見解の持ち主も居ります。

私もそうでしょう。しかし「医学は科学」ですから、科学的手法により医療問題解決を行う事を

日常業務として生きて居ります。そのため「患者さんの話の矛盾」は以外と早期に気付きます。

よって患者さん方も、下手に医者を試そうと画策するよりも早く治療効果を上げる為に互いに

協力し合う事をお勧めします。実際医者にとってタイムロスが甚だしいですし、何よりも

他の患者さんに失礼だとは思わないのでしょうか。時折「今診察を受けているのはこの私だ。

診察中は私が独占できる時間を医療費に反映している筈だから、私の為に働け。」といった

発言をする患者さんが居られます。そういう患者さんには私は決まってこう答えます。

「我々日本人の日本人足る美徳は、他人を慮ると言う事と常々思っている。あなたは自分がもし、

他の患者さんの立場であなたの発言が筒抜けになっていたら発言者に対し、どの様な感情を

抱くか熟考して欲しい。今の日本に欠落した美徳です。私は同じ考えを持ち合わせては

居りません。」と。大抵の患者さんは口を閉ざされて、「失礼しました」と頭を垂れて退出されます。

未だこの国は見込みがあるのかも知れません。

 

 ドクターショッピングは構いませんが、自分だけが全てと思わないで頂きたいです。

そして自分が何者かを問うてみて下さい。せいぜい我々の存在など「立って半畳、寝て一畳」の

存在でしかありませんから。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL