角膜異物

以前記載しました「救急医学」に関する受診が増えて居ます。

年齢は様々ですが、「眼球打撲」にまつわる障害が多いです。次に仕事中の「角膜異物

(鉄片・アルミ片・木くず等)が多いです。

 何れも受傷直後から半日以内の来院は特に問題は在りませんが、24時間を過ぎますと

「手遅れ」な事も多いのです。今のところ僅かですが、「眼に何か入って、(放置していたが)

昨日から痛くなり、ひどい涙と充血で受診した。」という方で、単なる「角膜異物」では済まない

症例が在ります。中でも「目を枝や草木の先で突いた」場合は、問題です。

 

作業中の鉄片は涙の塩分による「イオン化」で「錆びる」事が問題になり、

眼内に飛入した場合は「眼内炎、その後の眼球鉄症(網膜の鉄イオンによる障害)」を

引き起こしてしまうと「視力は回復しない事もあり、早速眼球内の手術(硝子体手術)」を

行わざるを得ません。ただ異物の位置を特定する為にはX線撮影とCT撮影は可能ですが、

MRIは鉄片異物が磁力により眼内で暴れてしまい危険ですから、問診が大切です。

かつてくも膜下出血の手術を行った患者さんが、血管にクリップをしている為にMRI撮影を

絶対避けるという事に同じです。

アルミ片は特に磁気への影響も無く、素早いイオン化も無いので、急がず確実に除去する事が

最良です。

木片は危険です。前述の「植物」と同じく、「付着するカビや病原菌」が眼内に入り込む

どうかです。眼内に「カビ(真菌)・細菌類」が飛入した場合、少数の菌数でいきなり

「眼内炎→止む無く、眼球摘出」という最悪コースも在り得るのです。

眼球内の硝子体(しょうしたい)は、コラーゲン線維・ヒアルロンサンで形成されており、

蛋白質の繊維ですから細菌等には大変美味しい栄養分であり、あっと言う間に増殖し

眼内感染はいきなり重症化します。受診が遅れる事の重大性は「自覚症状」では

判断できないのです。

植物系の「突き目」は予想以上にこじれますので、受傷した場合早々に眼科受診を

為さって下さい。幸せな「庭の手入れ」が、いきなり「不幸の始まり」になり兼ねません。

気楽に判断されない事です。

今のところ入院に至った患者さんは極わずかですが、点滴加療を1~2週行う為に入院を

総合病院に依頼した症例は数例あります。手術に至った症例は‘0’ですが、

視力矯正が望めなくなった症例は1例在ります。高齢の為、1月ほど放置していた症例でした。

残念です。

 

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL