大混乱

ゴールデンウィーク前後で当院は大混乱でした。

火曜日のブログが書けなかったのは初めてだと思います。内訳は・・・・

 5月7日(火)、祝祭日中に花粉症が始まった新患患者さんが多数来院、

例年「イネ・ヨモギ」障害は体験していた事は在ったものの、本年は初めて通院を

必要とする程の悪化を体験されて居りました。

一般的症状「くしゃみ・はなみず」その後の「鼻づまり」の経過を体験されていない

患者さんが大半をしめ、代表例は「いきなり全身にアトピー性皮膚炎が広がり、

同時に急に鼻水が水道の蛇口を開いた様にボタボタ落ち出した」、「耳がいきなり

痒くなり、鼻と喉が痛くなった。翌日から鼻水も出だして止まらない」、「透明の目やにが

大量に溢れだし物が見えない。その後咳混じりの鼻炎が出だした」等の多彩な

発症をしています。秋の「ブタクサ」等も春の「スギ・ヒノキ」と言ったメジャーな

花粉症と違い、花粉症=3大鼻症状を先発としない場合が多いのと酷似して居ます。

 

  治療や診断は普通に「アレルギー」として行ないますが、御本人が「何科に行けば

よいのか分からずに、知人に聞いてここへ受診した」という患者さんが当院の

処理能力を遥かに超えて来院されました。御予約の再診患者さんの合間に、

入って頂きましたが、終了時間を大変超過して居ました。低気圧の為に、「ヒノキ」が

追いやられ「イネ系」が台頭して来たのでしょう。しかも祝祭日中に「蕁麻疹」に

みまわれた患者さんの治療増悪例も多数来院され、ステロイドの内服と制酸剤

(ステロイド性胃潰瘍の回避の為に)の処方に明けくれました。そのため、さすがに

ブログは書けませんでした。失礼しました。

 という状況でした。本日もその時の患者さんと同じ様な症状で昨日来院された

患者さんや再診の患者さんでまたごった返して居ります。明日も予約診療で溢れています。

御来院の際は電話で御予約為さって下さい。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL