患者の鑑

 

前回の内容を見られて、事前に「問診表」を取りに来られたり、プリントアウトされて

受診される患者さんが目立ちます。患者さんの反応は明確です。

 

 その様な患者さんは

・詳細に記載され、かつ「病歴」を別紙に詳細に記載されています。

・可能な限り、記憶を辿り「治療内容・通院歴」を経過に沿って記載されています。

薬剤のアレルギーや体質反応についても詳細に記載されています。

特に「食物アレルギー」に関しては料理法や製品名等も記載されています。

近親者の病歴も詳しく記載されています。

この様な傾向であり、正に医師にとって「患者の鑑(かがみ)」と言える方々です。

本当に嬉しいです。

 

 中には「問診表」の内容だけで診断名が付く患者さんも多々居られ、その内容を

お伝えするとその患者さん方は「今まで全く、指摘された事がありません。医院で

尋ねられたけれど、全く指摘されなかった。こんな些細な事がキーワードだったとは、

全く知りませんでした。」と驚かれていました。むしろ私が驚きました。

というのも「教科書的キーワード」のオンパレードであり、

私が診断で「楽をさせて貰っている」から、驚きなのです。

今までどうして、気づかれなかったのでしょうかと、気の毒に思う次第です。

 

眼科の問診票 印刷はこちら(PDF形式)>>

耳鼻咽喉科の問診票 印刷はこちら(PDF形式)>>

アレルギー科の問診票 印刷はこちら(PDF形式)>>

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL