かぜ喘息とせき

 先日の内容に追加ですが、「かぜ喘息」についてコメント致します。

 以前もブログに記載したと記憶しますが、所謂「風邪ひき」の治療が完了して

熱が引き・頭痛や関節痛が無くなり・全身倦怠も改善し消失したにも関わらず、

せき」だけが少なくとも2~4週程度続く事が多い状態です。これは「喘息」として

治療するべきであり、必要以上に市販の風邪薬等を継続内服しないで適切な

治療をするべきです。かえって市販薬による「薬剤障害」を引き起こしかねません。

また同じ様な「せき」症状ですが、知識としてお持ちに成られると良いのは

アスピリン喘息」です。

これも以前ブログで記載しましたが、消炎鎮痛剤」の内服や湿布薬を使い始めて、

いきなり「せき」が出始めて呼吸が困難になったという状態を言います。

大人の10人に1人が、その体質であり、「消炎鎮痛剤」の使用を中止する事で

直ちに改善します。高齢者に見られますので、御家族は整形外科・内科等で

処方されたお薬でいつもと違った「せき」で苦しそうにしている場合、直ちに

主治医に連絡し薬剤の使用を中止し、対処を尋ねて下さい。

 またこれらの経験が有る方は、医療施設受診時に必ず「問診」に詳細を

記載される事をお勧めします。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL