セカンドオピニオン

一昨日、視野障害かも、と言う事で中年男性が来られました。幾つかの眼科に

行かれたと言う事ですが、「疲れ目」の治療や「ドライアイ」の治療を

度々受けて来られていました。たまたまですが、首の反射の微妙な異常を感じまして、

視野検査をしましたら、大きな欠損を認めました。直ちに総合病院の

神経内科・脳外科に紹介しましたところ、「脳膿瘍」の診断で、緊急入院になりました。


 詳細は未だ分かりませんが、ご家族が直接来られて事情を教えて下さったのと

本日病院の担当医から病状報告書が届いたのとで判明しました。

時にとんでもない事があります。実際夏場にかなり進行した「聴神経腫瘍」を発見した際も、

比較的若年者で「メニエル氏病」の治療を長年受けて来られていたと記憶します。


 私はCT・MRI・X線撮影とも持ち合わせていませんので、自分でできる診察と診断の限界は

浅いです。その分適切な病院への紹介は早々に行って居ります。

同じくセカンドオピニオンについても積極的に受けて居ります。

 

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL