乾燥眼

 今年の寒さは眼科的にも堪ええています。「乾燥眼」が大変です。

角膜上皮障害を伴う症例が頻発しています。

 

 従来PC業務・オフィス内での空調等にさらされている患者さんの

季節性乾燥性角結膜障害」がこの時期から増えて来るのですが、今年は

中学生位から」の「季節性乾燥性角結膜障害」が目立ちます。トラック競技や

屋外活動が多い運動選手等は予想通りですが、最近は所謂「帰宅組(特に

クラブ活動やアルバイト等を行わず、学校終了後自宅に直接帰宅する学生達の

事を指す)」にも、明らかな「角膜上皮障害(角膜びらん・角膜潰瘍等)」を

生じている学生さんが目立ちます。彼らは必ずしも「形態電話・スマートフォン」に

翻弄される「携帯端末のVDT障害」には当たらないのです。

 

 しかし何故か、夏場も「眼が痒い、霞む、時々痛む等」の訴えをします。

まだまだ検証はしないといけませんが、何か特徴が有るのかもしれません。

私は「疲労・心因性障害・免疫障害」をライフワークとしていますので、今後も

統計・経過観察をしようと思っています。

ちなみに治療はごく単純かつ一般的手法で改善します。

緑内障・白内障・黄斑変性症から風邪・花粉症・ぜんそくまで、兵庫県川西市の眼科・アレルギー科藤原医院へ!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL